えばらまち駅近クリニック

虚血性心疾患とは?

狭心症、心筋梗塞とは?

私たちの心臓は1日に約10万回、死ぬまで休まず動いているポンプです。
このポンプを動かすのが「冠動脈」です。心臓の表面を冠動脈がみっしりと、あたかも冠をかぶったように流れて心筋の細胞に栄養をあたえているからこそ心臓が動き続けることができます。
しかし、年をとるにつれ、この冠動脈の血管壁にコレステロールがたまり、動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなっていきます。その結果、血流が滞るようになっていきます。
これによって血流が不十分になってしまうと、心臓を動かす血液が不足する「心筋虚血」という状態にになってしまいます。
このような状態になると、胸痛か胸の圧迫感を感じるようになります。これが狭心症です。ただし、この症状は長くても15分以内に消えてしまいます。

冠動脈がさらに狭くなり、「完全にふさがって血液が通じない」状態になると、この部分の心筋細胞が壊死してしまいます。そして、狭心症と同じような症状も長く続くことになります。
この状態が急性心筋梗塞です。
「虚血性心疾患」というのは、この狭心症と心筋梗塞をまとめた呼び名です。
狭心症の場合は、動脈硬化で血管内が狭くなっていますがが血流はある状態。心筋梗塞の場合は、血栓(血の塊り)ができて、完全に詰まってしまって血流が途絶えた状態です。

狭心症や心筋梗塞の予防はどうすればよいでしょう?

狭心症や心筋梗塞症の治療は、症状を抑えることはできますが、原因である動脈硬化そのものを治すものではありません。
病気にならないためには、動脈硬化の進行を予防することが大切です。では、どんなところに注意して予防していけばよいのでしょう?
一口にいいますと、禁煙、塩分・糖分・脂肪分のとりすぎに注意し、バランスのよい食事をして、高血圧症・糖尿病・高脂血症を予防すること、適度な運動(毎日適当な距離を歩く習慣をつけて下さい)、気分転換を図り、ストレスを避け、規則正しい生活を送ること、です。
特に、血縁の方に心筋梗塞や狭心症の方がいれば、より気をつけて生活習慣を見直す必要があります。
また過度の疲労や緊張、暴飲暴食、天候の急変などをきっかけにして心筋梗塞を発症することが多いので、それらを避けることも大切です。胸痛があったときにはすぐに医療機関に相談して下さい。

具体的に気をつけたいこと

●禁煙する
喫煙習慣は、虚血性心疾患をはじめとした循環器の病気にとって大敵です。
たばこの煙には多くの物質が含まれ、特に循環器ではニコチンや一酸化炭素の影響が大きくなります。血管の内皮にも影響し、血管収縮、血液凝固、動脈硬化をもたらします。
高血圧のページでも書きましたが、たばこを吸うと一時的に血圧が上がり脈拍が増えます。この状態を続けることは体にとってよいことではありません。
近年、受動喫煙の害も多くさけばれているように、たばこの煙は、そばにいる方にも間接的に悪い影響を与えます。ぜひ禁煙に取り組んでください。

●塩分・糖分・脂肪分を取り過ぎない
心筋梗塞や狭心症があまり多くなかった時代の大きな理由の一つに欧米との食生活の差があります。
伝統的な和食の良さが見直されており、また地中海食も、最近注目されています。
日本国内でも、沖縄県のような長寿県があり、高齢者が元気に過ごしていらっしゃる映像をテレビなどでご覧になることも多いのではないでしょうか。沖縄には伝統的な和食に加え、低塩分で高タンパク食、海草などの食物繊維の多い琉球料理があります。
そういった食事をとりいれてみてもよいかもしれません。

また、若いうちからの食習慣も大切です。若年者の朝食抜き、インスタント食品、ファストフードやペット飲料の多量摂取は、はたして今後の平均寿命をどのくらい縮めることになるでしょうか。
生活習慣というくらいですから、若いうちから続けることも大切です。「若いからまだ大丈夫」と思わず、気をつけていきたいものです。


●バランスのよい食事をとる
■基本的に和食
■食物繊維(海草、キノコ、野菜)を多く
■塩分は1日10g以下
■ミネラルの多いバランスの良い食事
■大豆製品(納豆、豆腐、豆乳など)や牛乳は積極的に

●適度な運動をする
軽い運動は狭心症や心筋梗塞症の予防に効果的です。
■できるだけ歩く機会をつくる(目標30分、週3回)
※疲れない程度に、早朝・深夜は避ける
具体的には「歩く」「ジョギング」「水泳」などのような「有酸素運動」を持続的に週3~4回30分以上、可能なら毎日30分程度すればよいでしょう。起床後すぐは血管が収縮しているため、1時間後ぐらいが適当です。

●ストレスを避け、規則正しい生活を送る
□自分は仕事の虫だと思う
□ついつい一度に多くのことをやろうとしてしまう
□たえず動いていないと安心できない
□いらいらすると、言葉や態度にでてしまう
□短気な方だ
□攻撃的とまではいかないかもしれないが挑発するような言動はよくする
□早口で一気にしゃべる
□食べるスピードが速い

いくつあてはまりましたか?チェックが多いほど、知らず知らずのうちにストレスを受ける機会が多いということになり、必然的に心筋梗塞にかかりやすい性格、生活をしているということになってしまいます。
ストレスが多い→血中のコレステロール値が上がる/交感神経のホルモンが増加→動脈硬化の進行/血管の収縮・血圧の上昇→心筋梗塞が起こる

このような状態を防ぐためにも「焦らず、怒らない」を心がけ、のんびりした生活リズムを作っていきましょう。

●血縁者に心筋梗塞の患者がいれば生活習慣に注意を
●高血圧・糖尿病・高脂血症の早期発見を
●強い胸痛を感じたらすぐ病院へ

次へ 虚血性心疾患の診断と治療

えばらまち駅近クリニック

TEL 03-6426-2363
FAX 03-6426-2386
東京都品川区中延5-7-3
Green Spec荏原町1F