えばらまち駅近クリニック

高血圧について

高血圧ってどんな状態?

心臓から送り出された血液が、血管内で示す圧力、つまり血管の壁を押す力が「血圧」で、この圧力が一定以上に高い状態を「高血圧」と言います。
よく、上がいくつで、下がいくつ、という言い方をしますが、正確には収縮期血圧、拡張期血圧です。 心臓が収縮して血液が送り出されているときの最も高い血圧が「収縮期血圧」(上)、心臓に血液が戻ってきているときの最も低い血圧が「拡張期血圧」(下)です。
血圧は水銀柱を何ミリ・メートル(mm)押し上げる力があるか、つまり水銀柱の高さ(mmHg)で表します。(Hgとは水銀のことです)。 健康な若い人では120/80mmHg(収縮期血圧/拡張期血圧)くらいです。 正常血圧と高血圧の間には明らかな境界はありませんが 「収縮期血圧が140mmHg以上」「拡張期血圧が90mmHg以上」の場合を高血圧としています。
どちらか一方が上回っていても高血圧です。

高血圧が怖いのはなぜでしょう?

長年にわたる調査によって、血圧が高い人ほど心臓血管系の病気になりやすく、しかも死亡率が高く、こうした傾向はとくに収縮期血圧が140以上、拡張期血圧が90以上になると急に高まることがはっきりしています。厚労省は人口のざっと4人に1人が高血圧であるという調査結果を示しており、いまや国民病と言える病気のひとつです。
高血圧が怖いのは、「サイレントキラー」とも呼ばれているように、自覚症状がほとんどないにもかかわらず、急に心筋梗塞や脳卒中などの重篤な疾患で倒れるなどの要因になっているからです。
「たかが高血圧ぐらい」と考えがちですが、放置すると心臓や血管、さらに他の臓器にも障害をきたし、心臓の肥大(左室肥大)・たんぱく尿・脳卒中・心不全・冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)・腎不全・大動脈瘤・動脈閉塞症などが起こりやすくなります。
とはいえ、収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の人では、薬で血圧を下げる降圧治療によって合併症や死亡率が下がることもわかっています。こうした状況は高齢の方でも同じことです。
ご家庭でも血圧を測り、このところ高いかな、と思ったら、健康診断等で指摘を受けたら、早めに医療機関を受診することでリスクを回避できるのです。
でも、もしかして、血圧の薬を飲むようになったら一生飲み続けるしかない、と思ってはいませんか?実は、軽症の方は体重を減らしたり、塩分の摂取量を減らしたり、運動をしたり、生活習慣を整えることで薬の量を減らしたり、なくしたりすることもできるのです。そういった生活習慣に関わるアドバイス、栄養指導なども医療機関で受けることができます。気になる方はぜひ医療機関にご相談ください。

本態性高血圧と二次性高血圧

高血圧の中には、血圧の上がる原因がはっきりしている「二次性高血圧」というものもあります。これは、原因を取り除くことで改善します。副腎からのホルモンバランスが異常となりその結果血圧が上がってしまう原発性アルドステロン症や、腎臓への動脈が細くなっておこる腎性高血圧症などが「二次性」と呼ばれる主な病気です。
しかし、「二次性」と診断されるのは全体の1割程度で、残りの9割は原因がはっきりわからない(特定できない)「本態性高血圧」と呼ばれるものになります。高血圧と指摘されたら、まず二次性高血圧でないかどうかを医師に判断してもらって、そうでないと確定してから遺伝的要因の有無、生活習慣の確認、その他動脈硬化などの危険要因をしっかりととらえたうえで、診断と今後の治療方針を決定していくのです。

生活習慣の改善はとても重要

高血圧の治療において、「生活習慣の改善」は、高血圧につながる要因を減らしたり、除くことにつながります。つまり、「薬によらない降圧治療と危険要因の軽減」、これを自分で行うことができるということに他なりません。
「薬を飲んでるから大丈夫なんだよ」といって生活習慣を変えようとしない方も見受けられますが、実は、こういった方にこそ生活習慣の改善は必要、しかも重要なことなのです。ですから、面倒がらずに少しずつでも続けていただきたいところです。
では、どんなところに気をつけていけばいいでしょうか。

(1)減塩
日本人の一日の平均食塩摂取量は13グラム程度ですが、本来人間が必要な塩分の量はそれよりはるかに少なくてよいのです。血圧の高い方は、一日を6グラム~8グラムに抑えることに取り組みましょう。

(2)減量
肥満している人は、そうでない人に比べて高血圧の人が2、3倍いることがわかっています。それだけでなく、糖尿病やこれに近い状態の「耐糖能障害」、「脂質代謝障害」(総コレステロールや中性脂肪が高値、善玉コレステロールは低値)の“下地”になりやすく、心臓への負担も増します。1キロ減量すると、血圧は1~1.5下がると言われています。まずは2ヶ月で3キロ減量から目指してみましょう。

(3)節酒
飲酒量が増えるほど血圧が高く、高血圧になりやすいことや、毎日飲む人やアルコール依存症の人では禁酒や節酒によって血圧が下がることがわかってきました。
医学的勧告では、一日のアルコール摂取量を30mL以下とすることが多いのですが、これはビール瓶なら大びん1本、日本酒なら1合、ウイスキーなどではダブルで1杯まで、が該当します。体重の軽い人や女性はこれより少ないほうが望ましいです。少しの晩酌はリラックス効果もあり禁酒しろと一概には言えませんが、ますは節酒に取り組んでみましょう。

(4)運動
心臓疾患のない軽症の高血圧患者さんには適度な運動が有効です。医師によく相談してどの程度の運動がよいか確かめてから行ってください。
歩行、ジョギング、ゆっくりとした水泳などが適した運動とされています。いずれも効果が現れるのは、継続して行い始めて4週め頃からになりますから、激しい運動の三日坊主ではなく続けられるものを毎日少しずつがよいでしょう。サラリーマンの方などは一駅手前で降りて歩いて帰るといったことにチャレンジしてみてください。
運動することによって、血糖値やコレステロール値の改善も期待できるほか、ストレスの解消にもつながります。血圧対策だけではないのです。

(5)カリウム
意外に知られていないのがカリウムの効果です。体内の重要なミネラルの一種であるカリウムは、野菜、果物、豆、いも類に多く含まれていて、ナトリウムを体外に排出のを助ける働きもしています。それが血圧を下げる働きに繋がっています。ただし、茹でたり煮たりすると汁にでてしまうので、汁ごと取れる調理法などを工夫してみてください。
※腎臓の悪い方はカリウムの摂取を制限しなくてはなりませんので医師にご相談ください。
カリウム以外では、食物繊維や、カルシウム、マグネシウムを多く含む食べ物もよいとされています。

(6)ストレス
精神的なストレスが高血圧の原因のひとつであるかどうかはまだはっきりわかっていません。しかし、一時的な血圧上昇の要因であることは自分でも経験したことがあるためわかっていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。となると、ストレスによって血圧上昇状態が続くことは好ましいことではありませんね。日常生活の中でストレスを緩和してそれによる血圧上昇状態を取り除くことは大事ですので、リラックスして過ごせるように心がけてみましょう。

(7)禁煙
タバコを吸うことによって一時的に血圧が上昇することはごぞんじでしたか?慢性的な喫煙によって高血圧が引き起こされるわけではありませんが、ストレス同様、タバコを吸う本数が多ければ多いほど、血圧上昇状態が続くことになります。また、心臓疾患にとってのリスクファクターです。高血圧から心臓疾患を招きかねないので、その意味でも禁煙はとても重要なことです。どうしてもやめられないという方で一定の条件に当てはまれば禁煙治療も保険診療でうけることができます。医師にご相談ください。

(8)食事
血圧との直接の関係はないものの、食事に気を配ることはとても重要です。
(1)の減塩、(2)の減量も、食事とは切っても切れない関係にあります。日ごろから動脈硬化を予防するような食生活(減塩、低脂肪、低コレステロール)を送ることにより、血圧管理だけでなく、悪玉コレステロールを減らすことにもつながります。血圧が下がったからといって前の食生活に戻ってしまっては、せっかく下がった血圧を維持することが難しくなります。生活習慣の改善、というのは、一時的なものではなくて、これからもずっとこれらの8項目に気をつけていく、ということなのです。

えばらまち駅近クリニック

TEL 03-6426-2363
FAX 03-6426-2386
東京都品川区中延5-7-3
Green Spec荏原町1F