えばらまち駅近クリニック

これって夏バテ?~夏の疲れからくる秋バテにもご注意ください

夏に食欲がない…というのは、夏バテのサインです。 食欲低下の他に、全身のだるさ、夜なかなか眠れない、やる気がなくなる、なども夏バテの症状と言われています。
そもそも夏バテってどうして起こるのでしょうか。
原因として考えられるのは、夏の暑さによって…
(1)自律神経のバランスが崩れる
(2)食生活の乱れからの栄養不足
(3)汗をかくことによる水分ミネラル不足
の3点です。
きのこさんによるイラストACからの夏バテのイラストです きのこさんによるイラストACからの夏バテのイラストです
栄養不足や水分ミネラル不足でバテてしまうのは皆さん想像つくかと思いますが、 自律神経のバランスが崩れるのは、カラダと環境との差が影響しています。
わたしたちのカラダは、自律神経の働きで、暑いと感じると汗をかいてカラダの外へ 熱を逃がし体温を調節しています。しかし、現代の生活は、暑くてムシムシした屋外と、 エアコンを効かせた室内との出入りを繰り返すので、温度変化の激しい環境となっています。 これが毎日のように続くと自律神経のバランスが崩れやすく、その結果、夜眠れなくなったり、 カラダのだるさを感じたりすると言われています。

できる対策は?

(1)栄養バランスを考えたお食事を
(2)(秋でも)こまめに水分補給
(3)適度にカラダを動かしましょう!

1日3食、主食・主菜・副菜そろえた食事を意識しましょう。また、1日のうちに果物や乳製品などを1つ取り入れましょう。洗い物が億劫な時はワンプレートにするのもおすすめです。
TEST-COURSEさんの写真ACからのロコモコ写真
のどが渇いたと感じるときは、すでに軽い脱水状態です。時間を決めて、こまめに水分補給をしましょう。汗をかいたら塩分も摂ってください。

体を動かし、汗をかくことで、自律神経が活発になるので体温調節機能が正常に働きます。また、エネルギーを消費するので食欲もアップします。朝や夕方など涼しい時間帯に、無理なく行いましょう。

夏バテで食欲がないときの食事のポイント

●食事は量よりも質
●冷たいものは控える
●ビタミンB1を積極的に
●クエン酸は疲労回復
●香辛料を上手に使おう

食欲がなくても1日3食は食べましょう。 良質のたんぱく質(卵、肉、魚、牛乳、大豆製品など)は、消化がよいので胃に負担がかかりにくいです。 また、ビタミン・ミネラル(野菜、果物、きのこ、海草など)をバランスよく、少しずつでもいろいろな 種類の食品を摂るようにするとよいです。

冷たい飲み物や食べ物をとりすぎると、胃酸が薄まり、カラダも冷えて、胃で働く酵素の力が落ちてしまいます。 (酵素は37℃でもっとも効率よく働く)胃腸機能が低下することで食欲も落ち、体力を回復・維持するの に必要なエネルギーや栄養素が不足してしまいます。

人間にとって糖質は大事なエネルギー源です。 ビタミンB1は、糖質の代謝を助けてくれるので、疲労回復の効果が期待できます。 豚肉・玄米・大豆などに多く含まれています。 ビタミンB1は、ニンニク、ニラ、ねぎ、玉葱などのアリシンという臭い成分を含む食品と 一緒に食べると吸収が良くなります。

疲労回復食材についての説明画像です

酸味の主成分のクエン酸は、疲労の元となる乳酸を排出するので疲労回復が期待できます。 お酢・レモン・柑橘類・梅干しなどに含まれています。

生姜、わさび、こしょうなどの香辛料、しそ、みょうが、ねぎなどの香味野菜は食欲を増進します。 上手に活用して、さっぱり・美味しく食事をいただきましょう。

また、これからの季節 秋バテにも備えて、旬の食材を召し上がってください。
旬の食材は、その時のカラダが欲する栄養素が豊富です。
秋バテ予防に旬の食材を摂りましょう

※院内に、管理栄養士が作成した夏バテの疲労回復、秋バテによい食材のご案内などを掲示しています。
一部を画像にしてこのホームページにも紹介しています。

食事で摂取できるのが理想ですが、ひどく疲れがたまっているなどのときは、即効性のあるビタミン注射、ニンニク注射もおすすめです。こちらのページからご確認ください。

えばらまち駅近クリニック

TEL 03-6426-2363
FAX 03-6426-2386
東京都品川区中延5-7-3
Green Spec荏原町1F