えばらまち駅近クリニック

夏バテを防いで元気に毎日を過ごしましょう

夏の生活はどんな風ですか?

まずは、チェックしてみましょう
□寝ている間はエアコンを切っている
□入浴はシャワーのみで済ませている
□夏はアイスやかき氷、ゼリーなどを食べることが多い
□室内と屋外との外気温の差が大きい
□どうしても冷奴や枝豆などばかり食べてしまう
□寝る前は水分をとらないようにしている
いくつチェックがつきましたか?
いくつから、ということではありませんが、夏の間こういった生活習慣を続けていると夏バテを招くことがあるかもしれません。

夏バテの原因

通常、一日過ごした後の疲労というのは、適度な睡眠や適切な食事によって解消され、翌朝はまた元気に過ごすことができるのですが、それがかなわないと疲労が蓄積して夏バテを招いてしまいます。

(1)室内外の温度差
あまりにも温度差が大きいと自律神経が対応できなくなりカラダに変調をきたします。
(2)暑さから汗をたくさんかく
■水分と電解質のバランスが崩れ、体調を崩してしまいます。(熱中症の危険も)
■ビタミンB1が汗とともに失われてしまいます。
(3)食欲が低下したり、栄養が偏ったりする
■ミネラルやビタミンの供給が低下し、(2)で失われた分のビタミンが補給されません。ミネラルも不足してしまいます。それによって疲労の回復が難しくなり、体調を崩すことにつながります。
(4)寝苦しくて睡眠不足になる
■しっかりと睡眠時間が確保でき、十分な休養が得られないと疲労の回復が難しくなります。(3)との連鎖で、ますます体調を崩してしまい、ついには、夏風邪や下痢等をおこしてダウンしてしまうことになりかねません。 まずはしっかりと睡眠時間を確保できるよう、適度な温度、湿度を保つことも大切です。

夏バテ予防には食事も大切

●カラダに必要なエネルギーを作るにはビタミンが必要です。
■炭水化物
■たんぱく質
■脂質
これらの栄養素は、ビタミンB群を合わせて摂取することで効果的にエネルギーに変わっていきます。
◆ビタミンB1→糖質をエネルギーにかえる働き
◆ビタミンB2→糖質だけでなくたんぱく質、脂質がエネルギーに変わるのを助ける働き
◆ビタミンB6はたんぱく質をエネルギーに変える働きや、筋肉や血液が作られるのを支える働き
これらのビタミンが不足することでお肉やごはんなどたくさん召し上がっていても疲労から回復しにくいことが起こり得ます。夏場こそバランスのよい食事を心がけましょう。

●夏野菜の力を借りましょう
夏が旬のトマト、きゅうり、なす、ピーマンなどには、水分や、カリウムがたくさん含まれています。
カリウムには、ナトリウムを尿中に排泄する働きがあります。水分やカリウムを多く含むこれらの野菜を積極的に召し上がることで、体温を下げたり、血圧を下げたり、むくみを改善したりということが期待できます。
オクラなどのねばねば野菜に含まれるムコ多糖体は、のどのとおりが良いため、食欲を増進してくれることが期待できます。また胃粘膜を保護してたんぱく質の消化を促進してくれる働きもあります。

このような野菜をうまく食事に取り入れることで夏バテを予防していきましょう。

快適な睡眠環境を確保しましょう

エアコンがあまりお好きでないからと、夜は消して寝ているご家庭も多いかもしれません。
しかし、2018年の夏は猛暑という予報がでています。
寝苦しくて目が覚め、べたべたして寝付けないなどの環境で睡眠時間が不足することは疲労が蓄積する原因のひとつです。
とくに湿度が高いと熱中症の危険もありますので、エアコンを適切に使用してください。湿度をさげるだけでもずいぶんと寝苦しさは減らせるはずです。
また、暑いからさっとシャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、暑い夏こそ、しっかりと湯船につかって毛穴を開いて汗をかくこと、エアコン等で冷えた手や足の先まで血液循環を良くすることはとても大切です。
それにより自律神経も整っておだやかな入眠に結びつくというメリットもあります。
適度に湯船につかって、のんびりした時間を過ごしてぐっすり眠り、疲労を残さないようにして夏バテを防いでいきましょう。

えばらまち駅近クリニック

TEL 03-6426-2363
FAX 03-6426-2386
東京都品川区中延5-7-3
Green Spec荏原町1F